結婚相談所とは?婚活手段として選ばれる理由と提供サービスの全容

カツオくん
結婚相談所って他の婚活サービスと何が違うんでしょうか?
レミさん
ふむ、カツオくんはある程度イメージできているんじゃないかな?今回は確信に変わる説明をしてあげる

結婚相談所は数ある婚活サービスの中でも料金が高い部類のサービスです。

わざわざ高価なサービスを利用しなくても、マッチングアプリや婚活サイト、婚活パーティーなどで安価に(ものによっては無料で)婚活を始められるご時世。

それでも「結婚相談所」というサービスがいまもビジネスとして成り立っているのは、結婚を真剣に考えている相手と安心安全に婚活できる場だからです。

この記事では、結婚相談所が選ばれる理由と提供サービスの全容について紹介します。

結婚相談所とは

結婚相談所とは?婚活手段として選ばれる理由と提供サービスの全容

結婚相談所は年収、年齢、学歴、家柄などのパーソナルな情報を明らかにし、希望した条件の異性を様々な形で紹介する結婚情報サービスのことです。

結婚相談所の登録会員は、独身証明書や卒業証明書、収入証明書など身元を証明する書類を提出し、入会審査を通った人だけで構成されています。

逆に言えば、冷やかし客や身元が怪しい人、婚活者を狙った勧誘目的の業者は入会できないので、安心して婚活に取り組むことができます。

結婚相談所が選ばれる理由

数ある婚活サービスの中で結婚相談所が選ばれる理由は、冒頭でもお伝えした通り結婚を真剣に考えている相手と安心安全に婚活できる場だからです。

「そのうち結婚できたらいいな」と思っている人は、結婚相談所に数十万円も支払って活動しません。

そういう人は失敗しても金銭的にダメージが少ないマッチングアプリや婚活パーティーを選びがちです。

では結婚相談所での活動を選択する人はどんな人なのでしょうか?

それはタイムリミットを意識している人です。

自分の結婚適齢期を定めている人もいれば、結婚後の様々な楽しいイベントを体験するためには年齢的な制約もあったりと、時間がいくらあっても足りないのです。

入会審査やスタッフの目利き、婚活システム等でお膳立てされた安心安全かつ最短ルートで結婚を目指したい人達が、高い料金を支払ってでも結婚相談所を選んでいます。

結婚相談所の選び方

どの結婚相談所にするか迷われている人のほとんどは、適切な情報収集ができていません。

さらに結婚相談所の多くは「誠心誠意」「手厚く」「二人三脚で」といった抽象的な言葉を並べ立て、私たちが知りたい実績データなどを公表しない不誠実さを抱えています。

カツオくん
なぜですか?実績を公開したほうがメリットあると思うんだけど…
レミさん
それは利用者側のメリットだよね。結婚相談所の立場で考えたらどうかな?
カツオくん
あ、そうか。実績が微妙だと選ばれ難いですもんね。うーん、たしかに誠実さは感じられないかも

結婚相談所選びで失敗しないために必要なことは、自分の属性(年齢、収入など)を考慮しつつ、可能な限り信頼できる情報を集めることです。

まず最初に公開データが豊富な大手結婚相談所をチェックして、あなたなりの「選定基準」を作りましょう。

基準があれば検討が容易になり、結婚相談所選びで失敗する確率がグンと下がります。

業界標準を知る

結婚相談所は結婚情報サービスの一種です。

どんなサポートをどのくらいしてくれるのかは、結婚相談所の公式サイトに目を通せば何となくわかります。

しかし、サービスの良し悪しについてはどうでしょうか?

自分で「コレいいな」と感じたサービスが、実は業界内で箸にも棒にもかからない粗悪な(成果に貢献しない)ものかもしれません。

そういうものに引っかからないようにするには、業界標準(大手結婚相談所の公開データ)を知る必要があります。

料金の相場を知る

結婚相談所は様々なサービスを提供しているので、業者によって料金設定は変わってきます。

カツオくん
結婚相談所によっては数十万円も変わったりしますよね

真っ当な業者間であっても数十万円の価格差が生じます。

ともすれば、不当な料金設定をする悪質な業者も紛れやすいというもの。

結婚相談所のトラブルでもお金に関するものが多く、ぼったくりや過剰オプションなどの悪質な業者に引っかからないように情報武装しておく必要があります。

結婚相談所のタイプを知る

結婚相談所には「データマッチング型」と「仲人型」の2つのタイプがあります。

どちらも一長一短なので自分の婚活スタイルと相性が良いタイプを選べばいいのですが、最近ではどちらの機能も併せ持つ「ハイブリット型」と呼ばれるタイプも登場しています。

レミさん
有料オプションでハイブリット型に近い形へカスタマイズできる結婚相談所もあるよ

そのため、データマッチング型と仲人型という区別は「サービスの主軸がどちらにあるか」という意味合いで認識しましょう。

データマッチング型の結婚相談所

データマッチング型の結婚相談所は、独自のデータマッチングシステムを利用して相手を探します。

自分に見合った希望条件で相手を探しやすく、気になる相手がいたらどんどんアプローチできる効率の良さが人気です。

リーズナブルな料金体系なので会員数は多いですがスタッフのサポートはそれなり

データマッチング型の結婚相談所

※リンクをクリックするとまとめ記事に移動します

仲人型の結婚相談所

仲人型の結婚相談所は、入会から成婚までアドバイザーの手厚い支援を受けられます。

具体的には相手探しからお引き合わせ、お見合いの日程調整など諸々の段取りをしてくれるので仕事が忙しい人自分で事を進めるのが苦手な人には向いています。

至れり尽くせりのサービスですがスタッフの工数(人件費)が掛かる分、料金が高くなりがちです。

仲人型の結婚相談所

※リンクをクリックするとまとめ記事に移動します

選定基準をつくる

選定基準をつくっておくと、結婚相談所選びが楽になります。

結婚相談所のサービスを構成する要素は無数にあり、それらを総合的に評価するのはかなり難易度が高いです。

初期段階ではこの記事で紹介している5つに絞った検討をおすすめします。

  • 成婚率(実力)
  • 成婚退会者数(経験値)
  • 会員数(人気)
  • 料金(コストパフォーマンス)
  • 無料サービス(検討のし易さ)
カツオくん
実績が未公開の結婚相談所はどうすれば?
レミさん
カツオくんは実績がわからない結婚相談所に入会する気なの?
カツオくん
あ、そうか。その時点で除外ですね

大手結婚相談所と中小の違い

大手結婚相談所はサービス開始時からこれまでに培った膨大な量の経験・ノウハウをフル活用して、成婚するために必要なものを必要な分だけ、適正価格で提供しています。

いま大手ポジションを取れているのは、そのサービスと料金のバランスが多くの利用者から支持されている証拠なのです。

とはいえ、中小の結婚相談所にメリットがないわけでもありません。

大手は大手であるがゆえに多くの会員数を抱えているため、担当スタッフの熱量は分散されてしまいます。

他方、中小の結婚相談所は会員数が少ないため会員一人一人にかける熱量が段違いです。

中小の結婚相談所が「二人三脚で頑張ろう」と謳うことが多いのは、懇切丁寧にサポートする体制が整っていることが理由にあります。

登録会員の違い

結婚相談所の会員といったら、普通はその結婚相談所に登録している会員をイメージします。

ところが、結婚相談所によっては協会や連盟でつながっている他社の登録会員をカウントしていることもあるのです。

レミさん
良心的な結婚相談所は会員数と紹介可能人数を分けて表記しています

自社登録会員は、同じ審査水準で入会した会員、同等の経験・ノウハウを持つ担当スタッフによるコミュニティが形成されています。

要するに安定した会員の質・属性と担当スタッフ間のスムーズな連携が期待できます。

他方、協会・連盟会員はどうでしょう。

協会や連盟でつながっているとはいえ、明らかに格が違う結婚相談所の担当スタッフが対等にやりとりできるか微妙なところです。

この辺りの制約が気になる方は、自社登録会員だけで運営している結婚相談所を選択したほうが余計なストレスを抱えずに済みます。

ただし、協会・連盟会員であっても、審査水準を超越した魅力的な相手を発掘できる可能性を秘めているのでデメリットばかりではありません。

料金とサービスの関係

安い結婚相談所と高い結婚相談所の差は、人件費の違いです。

データマッチング型の結婚相談所が安いのは、担当スタッフが会員のスペックや人柄、相手との相性など吟味して紹介する作業やお見合い・デートの段取りをシステム導入によって簡略化したからです。

出会いさえあれば後は自分でやれるという人は断然データマッチング型がお得なのですが、多少値が張っても手厚いサポートが受けたい人が多いことから仲人型もビジネスとして成り立っています。

カツオくん
ガソリンスタンドとセルフスタンドの関係みたいですね

入会方法の違い

どこも同じように見える各結婚相談所の入会方法ですが決定的に違う点があります。

それは入会手続きを対面で行うか否かです。

対面形式の入会手続きは結婚相談所に来店する必要があるので、なんだか面倒臭く感じますよね。

でも考えてみてほしいのですが、スタッフと対面すらしていない会員の情報をどこまで信用できますか?

書類上のウソはないと思いますが、性格や価値観、容姿についてはどうでしょうか。

スタッフが対面することでプロフィール写真やPR文に対して「盛りすぎ」「嘘はダメ」と注意できますし、性格に難がある人物だと判断すれば改善を試みることもできます。

安心安全な婚活を求めるなら面倒でも対面形式の入会手続きを徹底している結婚相談所を選びましょう。

結婚相談所の注意点

結婚相談所のトラブルは年々減少傾向にありますが、他のサービス業界と比べるとまだまだ多いです。

そこで、結婚相談所選びで失敗しないための注意点をまとめました。

信頼できる結婚相談所か

業界の信頼性を向上するために活動している非営利法人等の加盟や第三者認証機関の認証マーク付与は安心・信頼の担保になり得ます。

主な協議会および認証機関

  • 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC)
  • 結婚相手紹介サービス業認証機構(IMS)
  • 日本ライフデザインカウンセラー協会(JLCA)
  • プライバシーマーク付与業者

特にJMICは、大手結婚相談所の代表取締役など錚々たるメンバーが理事を務めているため加盟企業の信頼性は極めて高いと言えるでしょう。

レミさん
問題起こしたらその企業はどうなるか、を察するのが大人です
カツオくん
大人って怖い…

根拠が提示されていない公開データ

結婚相談所の成婚率には注意が必要です。

残念ながら算定方法や成婚の定義が業界内で統一されていないので、自社に都合が良くなるように弄って高い成婚率をアピールしている結婚相談所が存在します。

成婚率は分かり易い評価指標ですが、算定方法や成婚の定義はしっかり確認しましょう。

公式サイトやパンフレット等に算定方法の表記がない結婚相談所のデータは信用してはいけません。

料金プランの内訳

相談所やプランによって費用の組み立てや支払い方法、タイミングが異なります。

  • 入会金
  • 登録料
  • 月会費
  • お見合い料
  • 成婚料
  • パーティーやイベントの参加料
  • 有料オプション
  • その他

法令により入会手続き前の「概要書面」と入会手続き時の「契約書面」の書類交付が義務づけられていますが、あとで揉めないよう書面にはしっかり目を通しておきましょう。

レミさん
料金の説明を「見ておいてね~」で手短に済ます相談所は要注意!

支社・店舗との距離

担当スタッフとの連携が欠かせない結婚相談所では支社・店舗との距離が重要になります。

月1-2回でも気軽に通える距離じゃないと段々と億劫になり、婚活が停滞します

婚活バレを気にする方は近すぎても知り合いに見つかるリスクが高いのでNGです。

口コミの活用方法

口コミは情報元の信憑性とチェックするタイミングに気を付けましょう。

自分が納得するまで調べて、最後に信頼できる口コミをチェックして決断の後押しにするくらいがベストな活用方法です。

カツオくん
信頼できる口コミってどこにあるんですか?
レミさん
公式サイトの体験談かな。顔出しインタビューなんかは貴重だよ

まとめ

結婚相談所について解説しました。

結婚相談所は数ある婚活サービスの中でも料金が高い部類のサービスですが、安心安全かつ最短ルートで結婚を目指したい人達が、高い料金を支払ってでも結婚相談所を選ぶメリットは充分にあります。

ただ結婚相談所によって提供サービスや料金体系が異なるので、しっかり検討してから選びましょう。

そうはいっても結婚相談所は非日常なサービスなので、良し悪しは判断が難しいですよね。

こちらの記事に結婚相談所選びで重要な指標をまとめておいたので、合わせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
結婚相談所比較|口コミを捨てよ!データで読み解く5つのポイント
結婚相談所比較|口コミを捨てよ!データで読み解く5つのポイント

「結婚相談所で婚活しよう」と思い立ち、まず最初に取り組むのは比較検討だと思います。 成婚率といったわ …

続きを見る

\簡単3STEP、登録完了まで2分/

結婚相談所の資料を集める

あなたの年代に合わせたパンフをお届け
※入会申し込みではありません

-結婚相談所